ひとり綴り

思い出

中学生の時…

思春期なので気持ちが難しい時期だった。

みんなそれぞれそうなんだろうけど

私もそうだった。


担任の先生ではなかったけれど
教科を担当してくれていた先生から
声をかけられたことがあった。

提出したプリントの、文字についてだった。

当時丸文字とかマンガ文字とか言うのが
流行っていて、
特に女の子たちはまるっこい字を書く人がいた。

私は彼女たちのように起用にかわいく丸っこい字を書くことはできなかったけど

いつもと違うスタイルの字を書いてみた。

いつもより小さめに、少し角ばった字で罫線の下の方に合わせて
癖のある書き方をして提出した。

深い意味はなかったし、そんなふうにして提出したことも忘れていた。

その後職員室に行く用事があり
職員室に行くと、

その先生が声をかけてくれた。

「〇〇さん、この前のブリントの字、どうしたの〜?
私はいつもの〇〇さんの字の方が好きだな〜」

と、言ってくれました。

ただそれだけのことですが、今でもそれを覚えているんです。

そうやって、
ほめるでもないけど
あなたのこれが好きよ〜

と言ってもらえることは、単純に嬉しいものなんですね。

担任でもないのに、ちゃんと見ていてくれたことがありがたいです。

そのことを、その先生に伝えたい

という気持ちはあるけれど

たぶんもう会う機会はないんだろうなぁ…


それにあの先生は他の生徒からも
人気があったから、

私のように思っている教え子はたくさんたくさんいるんだろうなぁ。


そのたくさんの教え子の中の何人かは、何らかの形で
気持ちを伝える機会はあったと思うし

先生も生徒から信頼されていた実感はあった
だろうなぁ
と思います。


f:id:arupejio:20190608163417p:plain



今我が子の担任の先生が、
その時の先生と似たようなタイプの先生で、

子どものことを
温かく見守ってくれているようなので

とてもありがたく思っています。






お読みくださり
ありがとうございました( ´∀`)

車掌さん

電車で出かけました。
いつもは車なので私にとっては特別感があります。

今どきはとても便利で、
携帯電話でネット検索すると、
どの電車に乗ればいいか、簡単に知ることができます。

助かります。

週末だったので、レジャーに出かける人も多かったのでしょう。
駅のホームも、電車の中も、にぎやかでした。

夕方、帰りの電車をホームで待っでいた時、

私は足元の番号を見て一番前に並んでいました。

足跡のマークが描いてあるので、
きっちりその上に立ちました。

私の隣で小さい男の子とお母さんが並びました。

私の足跡の隣の足跡に、

男の子が小さな靴を履いた足をぴったりと合わせて立ちました。

私はそれに気を止めていましたが、もちろん素知らぬフリです。

 
その後まもなく電車が入ってくることを
車掌さんが伝えました。


車掌さんは丁度私達のすぐ前で、
腕を上げたり笛を吹いたりしていたのでしょう。

その時、
私の隣の男の子が、

右手の指をきちんと揃えて、
おでこの右上に構えました。

敬礼です。

男の子は、車掌さんがその場の業務を終えるまで、敬礼のポーズを続けました。

瞳はしっかりと車掌さんを見上げています。



か…

かわいい… (≧▽≦)



車掌さんは男の子の敬礼には気づきませんでしたが、


わたくし、


これにはポーカーフェイスを貫くことができず、


ついつい

男の子にむかって ウンウン

とうなづいてしまいました。


グッジョブ!!(心の声)




本当に、小さい子はかわいいですね。

でかけたおかげで
いいものを見せてもらうことができました。




f:id:arupejio:20190527153440p:plain




お読み下さり
ありがとうございました( ´∀`)

5月半ば

もう5月半ばです。

4月は人と会うことが続き、
いつも一人で過ごしている私は
疲れました。

しばらく休んだので

また誰かと会うべく連絡を取りたいと
思いつつ…

そんはそれとして

季節が変わったので
家の中でやることが たくさん。

こたつ布団を片付けたり
冬物衣料も片付けないと…

今年は気温の変化がおかしくて…
夜寒くなるのでいつまでもこたつを出したままでした。

年末は寒く
夏は暑すぎ…

大掃除には今の季節が一番いいそうですね。


風通しのよい気持ちいい部屋にしたいです。


f:id:arupejio:20190518091922p:plain





お読みくださり
ありがとうございました(・v・)

GW

ゴールデンウィークです。

我が家は夫が仕事なので
特にイベントもなく。

一日だけ出かける予定です。


このごろ
ブログが止まっています。

書きたいこともあるのですが。


せっかく書くなら
明るい内容にしたい。

今はそういう気分なので
書けずにいます。


人と会っては 後で落ち込み。

人と会っては 後悔。


自分のダメさにガッカリしています。


もう
すべてから 逃げ出してしまいまい

と思っていたら。


ある日血圧が高く出ました。


調べてみると
高血圧ー動脈硬化心筋梗塞脳梗塞

などと出てきます。


急にこわくなり、

運動することを決意。


あれあれ…

もう すべてから逃げ出したいんじゃなかったの…?


実は 元気で長生きしたかったのね。



単純なわたし。




人と話せば失言。

わたしはダメな人だ。


人を不快にすることだけは やめないと。


人よりえらいなんて、えらくなりたいなんて、えらいと思われようなんて、

まちがってる。


わたしは負け組。

全部劣ってる。

それが現実。

こんな私と会ってくれる人がいるのは
ありがたいこと。

それだけで幸せ。

見栄なんてはる必要もない。

損も得もない。

居られるだけで幸せ。



がんばろう♡



f:id:arupejio:20190503114945j:plain





お読みくださり 
ありがとうございました(^_^)

カラオケ

カラオケにいきました。

何年ぶりだか思い出せないくらいです。 

何を歌えばいいのかわからない。

結局30年ほど前によく聞いていた曲を歌ってみたり

40年ほど前によくテレビで流れていた曲なんかを歌ってきました。
 
それでよかったのだろうか。


カラオケなんて久しぶり過ぎて緊張して心ここにあらずなまま

終わりました。


帰宅後、今日聞いた曲が頭の中でぐるぐるまわって


頭の中を歌に支配されていました。


♫♬♫♬♫♬……



それにしても

自分はやっぱり音痴だった。



長年寝かせても、

勝手にうまくなったりしないんですネ。




むしろ音痴が熟成されてたような気がします(;一_一)



f:id:arupejio:20190411052253p:plain






お読みくださり
ありがとうございます(・∀・)♪




 

1年たった

f:id:arupejio:20190413183318j:plain



あれから1年たった。

1年前、思いがけないことに出会った。

昨日のことのようでもあり、

なつかしいような気もする。




先日ある友達に会った。

久しぶりとも思わず、話の続きでもするように話し始めたけど、

確認し合ってみると、実は8ヶ月ぶりだった。

とてもそうは思えなかった。




時間の感覚が不思議なことになっている。



古くからの友達に会うと、

1年前のことも、

30年前のことも、

全部 昨日のようにも思えてしまう。




ずっと私は変わっていないということか。



そうでもないと思う。



少しものが分かってきた気がする。




分かってきたことで、


昔のことが よく見えてきた気がする。



昔の自分のことも、昔関わった人のことも、


その時の言葉の意味や

その時の気持ち、

(気持ちは 想像でしかないけれど)



前よりもよく見えて来た気がする。




両親に対して、感謝できるし、

夫のことを、大事な人だと思う。





少しは進めた気がする。

新学期

新学期が始まりました。

子どものクラス替えがありました。

始業式の日、帰ってくるなり、

サイアク〜。とのこと。


あぁ、残念。


ここで、よかった〜。と言ってくれると

私までほっとするのですが。



誰とは言わないけど、同じクラスになりたくなかった人と、同じクラスになったそうです。


たぶんそれは先生にも伝わっていたと思うのですが


思いは汲んでもらえなかったわけですね。


当然です!


そんなわがまま 通用しません。


あたりまえ。


むしろ、

我が子と同じクラスになりたくない人が

たくさんいたのかもしれません。



そいうう人達から離される形になったのかもしれません。

自業自得です。


そういうことが、我が子にも、いつかわかる時がくるのでしょうか。




こんなこと書きながら…

実は私もけっこうがっかりです。


わたしもその子のことは苦手なので

クラスが離れてほしかったのですが…。



いえいえ!

そんなこと、大人の私が言ってはいけません!




ただ本音は…

これから始まる一年が憂鬱…。



嫌なことが起こるような予感…。



だけど

それを分かってクラス編成をしてくださった

先生。


きっと何か起こっても、しっかり対処してくださるはず。


むしろ、逃げてばかりいるより、


ぶつかって、問題が起こって、

改めて、しっかりと受け止めて、考えて、

解決していく、


そういう経験をしないと

いけないのかもしれません。


多感な年頃に、トラブルはありがたくはないけれど、


決着をつけるなり、

仲直りするなり、

新しい展開が必要なのかもしれません。


そして、それを先生は、見ていてくださる。

そう信じよう。


いつまでも

トラブルを遠ざけてあげるだけでは駄目だ。


この先もっと大きな問題に当たるはず。


今のうちに、

苦労して、成長しなければ…。



幸い学校にはいい先生がいてくださる。


私が上手に育てられない分、

他の皆さんに育ててもらおう。


我が子にとってはキツイ一年になるかもしれないけど


私も母として支える心づもりをしておかなければ…。




f:id:arupejio:20190408164129j:plain






お読みくださり
ありがとうございます(*゚∀゚)